Q & A

比較的多くおよせ頂く質問と、その回答例を集めました。
次の通り分類してあります。

  1. 展示場・問合せ先について
  2. トレーラーハウス本体について
  3. 設置場所・建築確認・移動などについて
  4. 制作費用・税金・下取、その他について

FAQ:展示場・問合せ先について

Q1.問い合わせはどこにしたらいいのですか?
A. お問い合わせは弊社展示場、販売総代理店、などに問い合わせください。
Q2.どこで商品が見られますか?
A. 弊社展示場ほか販売代理店にも展示してありますので、ご相談ください。ご案内させていただきます。
 製造見学は弊社工場を開放いたしております。ご覧になりたいお客様には事前連絡をいただき、ご案内いたしております。
※現在、総代理店を暮秋しています。お気軽にお問い合わせください。

FAQ:トレーラーハウス本体について

Q1.トレーラーハウスとはどのようなものでしようか?
A. 車輪付シャーシの上に製作された居住空間で現在、日本国内では大型のキャンピング・トレーラーとして取り扱われるようになりました。 タイヤがついているため、移動が可能であり、離れ、別荘やペンション・キャンプ場の宿泊施設、店舗事務所、お子様の勉強部屋や介護住宅など、 増改築せずに別宅として使えるなど用途は様々にご利用いただいています。
※お客様の用途に合わせて製作できるため、ご利用方法をご相談ください。
Q2.耐久年数はどのくらい?
A. 通常の住宅と同じ耐久性があります。
※トレーラーハウス本体は、お客さまへお届けの日付より5年間、設備付属品はそのメーカーが保証する期限まで保証させていただいております。
Q3.トイレはどうなっているの? 汚水はどこに流すの?電気・水道・ガスは?
A. 一般住宅の場合と同様ですが、移動が可能な接続状態を保つ必要があります。また、移動可能な完結型排水処理装置を付属させることも可能です。
※ライフライン工事マニュアルに沿って工事を請けることも可能ですし、お客様の委託業者様にマニュアルやアドバイスを提示することもできます。
Q4.トレーラーハウスの重量はどれくらいですか?
A. 店舗タイプ=約6トン 住居タイプ=約8〜10トンです。
※装備内容やトレーラーハウスのサイズにより重量は変わります。現地調査を必ずいたします。
Q5.オリジナルにこだわりがありますが、相談できますか。
A. オリジナル製作が可能です。また、各種のプランがあり、御希望に沿うことが出来ます。
※基本プランからご案内し、お客様のご要望を取り入れたトレーラーハウスを製作いたします。

FAQ:設置場所・建築確認・移動などについて

Q1.置きたい場所が用途地域等の指定があるのですが。(農地?市街化調整区域?雑種地?)
A. 農地に指定されている場所には、本来は農転して地目変更しなければ、設置できません。ただし、用途によっては可能な場合もあり、排水の問題も クリアできるシステムもあり、ご相談に乗ることができます。市街化調整地区でも、設置実績がございます。雑種地に関しては、設置に何の問題もあり ません。基本的に、住宅の建てられる場所であれば、どこでも設置可能です。
※弊社では多数のお客様(個人・企業・行政)のご支持とご指導の上、導入実績としては、様々な分野で活用されています。設置場所による御相談まで承ります。
Q2.雪の多い地域です。海沿いです。大丈夫?
A. 弊社のトレーラーハウスのボディー構造については、基本設計、構造や商品仕様すべてが寒冷地仕様です。豪雪地帯でも多数の納品実績があり積 雪、雨漏り以外にも塩水や湿気、などといった対策も備えた製品を提供しています。
 シャーシ下の断熱は硬質ウレタンを吹き付けてあり、断熱効果を上げると共に鉄骨部分の保護もかねています。
※安心してご使用いただけます。
Q3.建築確認は必要ですか?
A. 基本的には、トレーラーハウスは車両扱いのため、建築確認は必要ありません。
 各市町村での設置方法によって、建築確認が必要な場合と、必要でない場合があります。建築確認をとると、固定資産税、不動産取得税の対象となります。
※トレーラーハウスにはトレーラーハウスであるための対応が必要です。具体的な設置方法やマニュアルを提案・提出します。
Q4.どういった基礎工事が必要なの?
A. トレーラーハウスには、基礎工事は一切必要ありません。ですから、余計な費用もかかりませんし、将来的に母屋などの増改築をしたい場合など、簡単に移動させることもできます。
 通常、一度作ってしまった建築物だと、解体費用も多額ですが、トレーラーハウスは、移動させることができ、壊す必要はありませんから、無駄な費用を使わなくて済みます。
※一般的にはジャッキで固定します。設置場所による不明・不安な点は御相談ください。トータルでサポートいたします。
Q5.将来、移動させることはできますか?
A. 移動させることができます。
※責任を持って輸送・移動をします。その際はご連絡ください。
Q6.設置したい場所が斜面上です。設置が可能ですか?
A. 場所によっては、設置不可能な場所もありますので、事前調査が必要になります。
※事前調査をして一番有効な方法をご提案いたします。

FAQ:制作費用・税金・下取、その他について

Q1.費用はどれくらいかかりますか?
A. 車両本体価格とは別に、輸送費+設置費用+ライフライン工事(水道・ガス・電気)が必要です。
a. 車両本体価格は400 万〜800 万までの各種グレードがあります。
b. 輸送費用は100km一律30万で1Kmごとに800円加算させていただいています。
c. 設置費用とジャッキ費用は全国一律で12 万円です。レベル(水平調整とジャッキ10 本平均が基本設定されています。)
 ライフライン工事は、電気工事、水道工事、ガス工事(プロパン)が必要です。費用は、設置場所、により違いがありますので、事前にご相談下さい。
※ 弊社には建設工事業・土木工事業・舗装工事業 許可があり、さらにトレーラーハウス専用にライフライン工事マニュアルがありますので、ご相談ください。
Q2.固定資産税、不動産取得税がかからないと聞いたことがありますが、本当ですか?
A. 基本的にはかかりません。ただし、市町村によって基準があり、主に設置方法が問題となりますので、設置方法を当社でご説明いたします。
※各地域においてのトレーラーハウス設置用マニュアルを用意してご案内いたします
Q3.税金面で優遇されていることはありますか?
A. 会社で使用するということになると、車両扱いになるので、早く償却(4年)できます。基本的にはトレーラーハウスは車両扱いなので、建築確認が 必要ではありません。そのため、固定資産税・不動産取得税が必要ではありません。但し、各行政によっても違いますので、予めご了解ください。
※設置方法に係わってくることでもあります。御相談ください。
Q4.車と同様、下取りしてくれると聞きましたが?
A. 車と同様、査定して下取りを行います。代替もできます。
※ ユーズド・トレーラーハウスも販売しております。ご相談ください。
Q5.ローン・リースは使えますか?
A. どちらもございますので、ご利用ください。
※ローン・リース共に審査がございます。

コメントは受け付けていません。