製作工法

トレーラーハウス ピンタイプ

トレーラーハウス ピンタイプ の特長

トレーラーハウスは住(店舗)空間でありながら、輸送という通常の建物にはありえない過酷な条件下に置かれる可能性があります。走行振動、ブレーキ動作、絶えず慣性による負荷を受けながらの移動になります。これをできる限り高い時限でクリアすることが目標となります。

トレーラーハウスは元々、2x4工法・ログ工法ともに移動による負荷に対する対策が当然施されています。しかし弊社ではこれらの工法に加え、より強度な構造のピン工法を完成させ提案させて頂いております。

このような過酷な条件への対策の他に、湿気対策や、軽量化、施工精度確保などの課題、そして弊社が最重要に考えることのひとつ、お客様のご要望に沿ったトレーラーハウスを如何に より高いレベルでお答えすることができるか、また完成したトレーラーハウスを如何に安全にお届けするかを目標に、積み重ねた経験をもとに様々な方向から検討を重ね完成させた工法です。

トレーラーハウス ピン工法について

ピン工法の特長に、材料の加工が比較的容易なこと、金物による完全な締め付けができること、そのため強度の向上に加え、お客様のプランのご要望にもよりフレキシブルに対応することができるようになります。 組み立て方法は構造材にあらかじめ取り付けた金物に材料を挿入もしくはかみ合わせてドリフトピン(約直径1cm×長さ10cmのピン)を構造材から金物に叩き込むことで材料同士をはさみ込むように締結します。強度的にも優れた数々の金物を要所に使用し、振動による構造材の抜けなどの対策にも対処しています。

コメントは受け付けていません。